2019年01月29日

日本史〜♪


皆様こんにちは!

本日はアフリカ座にそこそこいる武田香利がお送りしまーす!!

さて、私を知っている方々には「ハイハイ」「でたよ」って言われるネタですが
私、日本史好きなんですよ!!!
※偏りが著しいです。

なーのーで!!
何を書いてもいいなんて言われたら
語っちゃうよ♪

と、思ったけど全部お話しすると、長すぎちゃうので
今日の武田が個人の偏った意見で物申すのは


アフリカ座系列過去公演×日本史!!!


まず、最も古く
かつ、DVDも記録用しか存在していない幻の作品
アフリカ座「以蔵の一番長い日」


以蔵の一番長い日


時は幕末。三大人斬り岡田以蔵の、切なくて淡い恋のお話。
この作品は、史実とはあちらこちらが明確に違うのですが、そこがすごく…良い!!
ちなみに、近藤勇をアフリカ座の中山さんが演じました。
多摩の勝ちゃん!って感じがたまらなかったです。



さて、幕末といいますと、
一瞬の幕末作品
u-you.company「真義〜マギ〜」


magi.jpg


男性版と女性版のお話のうち
男性版には、ワンシーンだけ長州藩士が出てきます。
今でもはっきり覚えています。
今までのお話と関係ない話を彼はするのですが、武田はそこで大号泣しました。



そして、ゆうゆうと言えば、歴史に沿ったファンタジー。戦国時代を描いた名作
u-you.company「UTSUKE」三部作


140619_UTSUKE初.jpg  150211_UTSUKE再演-200.jpg

こちらは、未来編、現代編、過去編の三部作。
全ては未来編から始まるお話ですが、今回は脱線してしまうので置いときますね。
現代編では、あの武田信玄出てきたり
まだまだ戦国武将とはいいがたい、
かわいい若き日の織田信長、そして後の前田利家こと犬千代が出てきます。
そして、その信長が現代編での出会いにより織りなされる過去編!!!
二人とも大人になり…そう、本能寺…。
あああああ、思い出しただけでもたまらない!!
明智光秀は、もちろん徳川家康、豊臣秀吉も出てまいります。
(ちなみに初演の過去編は黒人の侍、弥助が出てくる所もポイント)



そして、この二つの続きというか、少し時代が被る
アフリカ座「KEIJI」


KEIJI.jpg


こちらは、前田利家の甥っ子。前田慶次のお話。
こちらは、創作はありますが、いずれも実際にあってもおかしくない展開で描かれた
どっきどきの時代劇。
織田信長前田利家豊臣秀吉徳川家康が出てくる他に
あの独眼竜の伊達政宗が、出てきます。
KEIJIのおすすめポイントは傾奇者(今でいう不良)のカッコよさですね!


で、UTSUKE、KEIJIの続きの戦国時代のお話

それが

u-you.company「アルキミコ」


アフリカ座「新訳 真田十勇士」


537BF932-C2B4-4E88-80B7-3465B921CF4F.jpeg



再演、再々演という人気なお話。
真田家を取り巻く

戦国の女の闘い

戦国の漢の闘い

「アルキミコ」
はっきり言います!時代劇大好きな武田は
女性が多い戦国モノなんて…と思うタイプの人間です。
初めて、女だけの時代劇でこんなにちゃんと戦国時代!!!と思った作品です。

「新訳 真田十勇士」
ラスト…怒涛でもうどうしていいかわからない。
というか、泣きすぎてわけわかんなくなる。戦国たまらない!!な作品

この二つは2月にやりますから、あまり多くは語っちゃいけない…かもしれない。

ただ、別々に描かれたとは思えない
リンクされた真田家のお話。

時代劇の萌えポイントは

誰のために命を賭けるか!
誰のために耐え忍ぶか!!

忍ぶという字は、心に刃。

ふふふふ。



さて長々書きましたが
もしも、過去の公演DVDをお持ちの方がいらっしゃいましたら

UTSUKE
現代編→過去編
KEIJI

からの
劇場で

アルキミコ
新訳 真田十勇士

が武田のおすすめ♪
あの人が!!この人が!!ってなるから!!


最期に
アフリカ座系列の時代劇の
武将たちの特徴は、人間味のある可愛さ

まだ、アフリカ座系列で時代劇観てない方は
ぜひ、あの愛らしさを体感してください!!!


以上!!武田の萌え語りでした♪


E5A15CA8-CD7A-48DE-B8FB-106A79F6B452.jpeg
続きを読む
posted by africaza at 15:39| Comment(2) | 日誌