2019年08月01日

より完全なブログ記事更新への道

皆さんこんばんは。
緒方です。

今日は少し珍しいお話をしたいと思います。
というのもブログと言うものと関わり始めたのはここが初めて。
書くことはもちろん、読むこともあまりしてこなかった人生でした。
つまり何が言いたいかというと・・・

ネタが無くなったんです!!

今日は稽古場にも行けずに記事に書けるような出来事も無かった・・・
一時間ほど唸りながら考えた記事も『あっ、つまらないなこれ』と思い消してしまいました。

そんなこんなで今日のテーマはこれ!!
『錬金術』!!

別に宝くじを買うとかそういうお話ではないですよ?
皆さんは錬金術ってご存知でしょうか?
僕の世代では大体最初に触れるのは鋼の錬金術師になると思うんですが、僕が最初に触れたのは遊戯王GXでした。

今となってはファンタジーとして扱われて、なにやら謎のゴーレムを生み出したりだとかどでかいビームを撃ったり、世界そのものを分解したりと創作の世ではやりたい放題です。

そんな錬金術ですが当時はちゃんとした学問として研究されてたわけですね。
今の化学でも必要不可欠な蒸留の技術なんかも錬金術師が生み出したそうです。

 そんな錬金術の最大の目標は賢者の石を創り出し、物質や魂をより完全な物に変化させることだったそうです。
賢者の石によりあらゆる卑金属は貴金属へと姿を変え、人間を不老不死にする程の力を手にすることが出来るそうです。

ただそんなものは現代には存在しないですよね?
結局はおとぎ話の1つだったのでしょうか?
しかしそんな賢者の石を唯一手にしたと言われている人物がいます!
ヘルメス・トリスメギストス!
三倍偉大なヘルメスって意味の名前だそうです。
そして賢者の石は最終的に赤くなるみたいです。
赤くて三倍?
赤い彗星となにか関係が・・・

そんなヘルメスさんですが、なんと賢者の石について書き残してくれているのです!
エメラルドタブレットと呼ばれるエメラルドの板に、ヘルメスさん自身が刻んだ碑文であるとされ、錬金術の12の奥義が記されているとのこと。
しかしこの碑文は実物が存在せず、翻訳しか存在しないそうです・・・

現代に錬金術はありませんが、もしエメラルドタブレットの実物があれば賢者の石に繋がる鍵が見つかったかもしれない
そう考えると面白くありませんか?

もしそうなったら卑金属は貴金属に、人の魂は大地から天へ昇華するような賢者の石の秘密を読み解けたかもしれません。

そんな記述はどこにもありませんが、賢者の石があればもしかしたら昨日を今日に変えるような奇跡も起こせたりとか!!
そう、昨日を今日に!!
また間に合わなかった・・・
もうしわけございません・・・
夜に書き始めるから間に合わないんですね。
緒方はまたひとつ賢くなり、賢者の石へ一歩近づきました。

そんな錬金術の話でしたが、ファンタジー的な錬金術ももちろん好きです。
そして今ホットなファンタジー的な錬金術要素と言えば・・・
戦姫絶唱シンフォギアXVですね!!
今回で5作目になるシリーズですが、3作目からは錬金術師との戦いになります。
この作品での錬金術は火を出したり風を起こしたり等の四元素に関わるものから、ビームを放ったり、どこにも繋がってないはずの固定電話を好きな場所に出現させて喋ったりとやりたい放題です!
実に便利ですね。
緒方もこんな錬金術師になりたいです。

作品の内容を語り始めるといつまで経っても記事が終わらないんで簡単に言うと、
大勢の女子が歌いながら戦う熱いアニメですね!
お時間あるときにぜひご覧ください!!

ん?
大勢の女子・・・
もう間もなくOFF VIVID COLOR 2019!
『X-WOMEN』の初日じゃないか!!
乱痴気STARTERでお馴染みの生命(いのち)のファンタジー・・・
そのVIVID版!!
シリーズでお馴染みの普段絶対に聞かないであろう体内ワードの数々はもちろん健在!!
これは見るしかない!
賢くなって皆さんも賢者の石に近づきましょう!!

ネタが無くなったという割にもしかしたら過去最長の記事になってしまいました。
錬金術の話、まだまだ奥深いですがもし楽しんでいただけたなら幸いです。
それでは今晩はこの辺りでお暇させていただきます。
またX-WOMENの受付か、このブログでお会いしましょう!
おやすみなさい!!

※緒方は錬金術の専門家ではありません。
錬金術の記述について間違っている可能性もあります。
ご了承ください。
posted by africaza at 01:06| Comment(0) | 日誌