2020年03月11日

都市伝説

うおおおおおお!!
こんばんは
アフリカ座の野々川護です

やっちまいました!!
僕の担当は10日でしたあせあせ(飛び散る汗)
穴を明けてしまいすみません顔3(かなしいカオ)

そして、『あさぎもん』ご来場頂き
誠にありがとうございました!!!

本当に沢山のお客様にご来場頂けた事
感謝でしかありません!!
幸せになって帰って頂けたでしょうか?ウインク

さて、今日のブログ
ちょいと都市伝説的な話をしちゃいます顔1(うれしいカオ)

森達也さんの小説
「チャンキ」
61or04YBq5L._SX340_BO12C2042C2032C200_-a28b3.jpg
この小説を買った理由は
『東京スタンピード』と言う朗読劇の原作が当時の日本を予言していたかのようなものだったからなんです

2008年に書かれた小説が
上演された2015年の日本を予言をしていたような

ではその時売られていた新作『チャンキ』は
その後の日本を予言してるのか?

そんな好奇心で辞書並みに分厚い本をその場で購入
本読むの遅い僕には、これ読み終わるのに何ヶ月かかるのだろう?
と思いながら読んでましたらなんと一週間もかからないうちに読み終えてしまいました熱
それくらい面白い内容だったのです顔1(うれしいカオ) 
しかし誰かに貸してしまい今手元には無いのですが

もしもこの小説も予言をしているとしたら
あと25年後の日本がこの本の世界のように?!

信じるか信じないかはあなた次第勝ち誇り


さて、怖い話のあとは楽しいお話!!
乱痴気STARTER
『仮面サイバー00』
IMG_20200311_224101.jpg
大好評につき完売続出ですよ!!
ご予約お済みですか?
公演情報、予約は
africaza.net
から見る事が出来ますウインク
お早めのご予約をおすすめします!
posted by africaza at 23:27| Comment(0) | 日誌

ドンドン夢みて、ダンダン輝く@月島もんじゃ

わっしょーい!(挨拶)
前回の担当ブログで「絶対におはルナとか言わない」と高らかに宣言しましたが、ブログ以外で「わっしょーい」って挨拶したことねぇな?
『乱痴気STARTER』及び内部ユニット『マンモーニ』所属の月島もんじゃです。

【あさぎもん】が大好評のうちに幕を下ろし、次回の乱痴気公演【仮面サイバー00(レイワ)】が話題独占のアフリカ座カンパニー。
すでに完売回も出ておりますので「あとで予約しよう」ではなく、今!この瞬間!予約してしまうのがよろしいかと。
お座席がなくなってからでは元も子もありませんからね!

【仮面サイバー】。
電脳空間で愛する者(アイドル)を守るために戦い続けたオタクたちの称号。
令和の時代になり、インターネットとそれに付随する技術はより身近なものとなりました。
そういった『今』のコンピューター事情が、00でどのように描かれるのか?ぜひご期待いただきたいですね!

さて、この流れで仮面◯イダーの話をするのはちょっとアレですから、電脳空間を舞台にしたヒーロー繋がりということで【電光超人グ◯ッドマン】について思い出を語ります。伏せ字にする意味とは。

原作……というか、オリジナルは1993年に放送されたテレビドラマです。
当時はそこまで一般に馴染みのなかったコンピュータと、そのネットワーク内で暴れる怪物(まさにコンピュータウィルス!)。
そしてその怪物と戦うヒーローたちを描いた、あまりにも時代を先取りした作品でした。電話線や電線を通じて移動するヒーローってすごい絵面でしたね。
時は流れ2018年。そのグリッ◯マンがアニメになって帰ってきたのです。
散りばめられた謎。どこか違和感のある日常。それらがクライマックスで次々と繋がり壮大な世界観として組上がっていくカタルシス!
このあたりの構成の巧みさに関しては、アフリカ座をご愛顧いただいている皆様にも大いに満足していただけるものではないかと勝手に思っております。


さて、明日のブログ担当は武蔵響の予定です。
思い返せば【三國志】再演で共演したのが彼との出会いでした。ここまで長い付き合いになるとは、当時は微塵も考えておりませんでしたが……。
背が高く顔も良く隣に立たれると無性に頬を摘まんでやりたくなる男でありますが、与えられた仕事を黙々とこなす姿は年下ながらとても頼りになります。甘えすぎないよう自制しなければいけませんね。

といったあたりで、本日は筆を置こうと思います。
ありがとうございました!
posted by africaza at 18:36| Comment(0) | 日誌