2020年06月03日

暑中お見舞い申し上げます。


本日ブログを担当いたします。

初めましての方ははじめまして!知ってる方は、おはようございます、こんにちはこんばんわ

アフリカ座  新劇団員 
久保田 隆寛(くぼた たかひろ)と申します!

この 隆寛(たかひろ)という名前の由来がありまして、寛。この文字は 江戸時代後期お坊さん。『良寛』 子供に優しいお坊さんだったようです。
この方の意を込めて僕に 隆寛 この名前を付けたそうです。 『だからお前は優しい子に育ったんだよ』

こうあまり強く名前を気にしたことがなかったですが、いざそうだったのか。と思うとホワホワしてしまい、何かをする時、行動する時それを思い出し意識してします。 親からの授けられた名前は一生の宝の一つでございます。

はい!
そして!!!!

まずは!!!!!
3B353D2D-DA20-47B6-8FDE-C7B008FE50CB.jpeg
アフリカ座フェス2020
アフリカ座フェス:2nd GIG

『UTSUKE 』3部作!YouTubeにて無料配信いたしました! 沢山の方々のご視聴チャンネル登録ありがとうございました!  こんな世の中になってしまったことから少しでも元気付けられ疲れが吹っ飛んだのなら幸いでございます! 

私は現代編に出演してまして、切腹する人だったよ。沢山の方々に支えられたからこそできた作品でございます。 感謝でいっぱいでございまする。

•アフリカ座さんにて初めて見た公演が ゆうゆうカンパニーさんの  「再演 アルキミコ」アフリカ座本公演  「伏魔 八犬伝」 でした。 もう2作品ともと

そして、初出演した公演が「新訳 真田十勇士」でした。 全てが初めてで 初めてな刺激がたくさんあって 私の役者人生を多く変えるキッカケとなる公演でもありました。  

お芝居って凄いの。人が集まるとやはりその周辺に不思議なパワーが溢れて心を動かしたり、キッカケを与えたりするから アニメや映画や舞台は、スゲェ物になるのよねぇ。 

6959100D-D60C-4AEB-9409-6EB78B79D641.jpeg

どこから来てるのかわからないけど、この先未来必ずや この事態は収束すると信じている。自粛で耐えて減っているというデータもある。その小さな希望こそが輝く光の未来へ導きへの一歩、それを信じブログ書く。SNSに投稿する  いろいろする! 笑  勿論向き合いつつ、、

そして!アフリカ座フェス2020 2ndGIG 共に限定公開は終了致しましたが YouTube アフリカ座チャンネル  今後ともよろしくお願いします。見てない!登録してない!って方は是非よろしくお願いいたします。


本日のブログ担当  新劇団員であります 久保田 隆寛 (くぼた たかひろ) でございました!!!
posted by africaza at 20:52| Comment(0) | 日誌

初めましてと、自分語りと、女神○○の加護があらん事を

ブログをご覧の皆様!こちらではお初にお目にかかります!アフリカ座新人座員の 内田卓斗 と申します!以後、お見知りおきをいただけると幸いです。

かくてこの度、光栄にもブログ担当をお任せいただきまして、こうして皆様にご覧いただいている次第でございます!

さて、では僭越ながら簡単に自己紹介をば・・・

僕が正式に座員に加わったのはほんの少し前の話ではあるのですが、初めてアフリカ座に出演したのは『新訳真田十勇士2019』が初めてでありました。

当時はアクション・スタントを主に行う事務所に所属していたもので多少立ち回りの心得があったのもあり、出演に加えて稽古を同時進行していた再再演アルキミコと併せて、殺陣師を担当していらっしゃったKAZUAKIさんの補佐、立ち回りのクオリティアップなどを任せていただきまして、その時の縁でその後も何度かお手伝いをさせてもらい、『UTSUKE』への出演の後、念願叶って座員の末席に籍を置くことに至った次第です。やったね!

今後も出演は勿論、ゆくゆくは『殺陣師』を任せていただけるよう邁進、前進、躍進して参る所存です!!

さて、それでは今回のブログはこの辺りで、蘊蓄を沿えて〆させていただきます。

今回は6月に因んで、「ジューンブライド」についてのお話で。

ざっくり言って「六月に結婚するのは縁起が良い」とされている習慣をジューン(六月の)ブライド(花嫁)と呼んでいるわけですが、このような慣習が生まれた理由というのが、六月を意味する「ジューン」の語源である女神「ジュノー」その起源であるギリシャ神話の女神「ヘラ(主神たるゼウスの正妃)」が「婚姻」を司る女神だからなのです。

つまりは「結婚を司る女神の加護がある期間なので、この時期の結婚は縁起が良い」ということですね。同じ言葉でも意味を知った上で使うのとそうでないのでは、具体性が大違いではないでしょうか。

ちなみに、この女神ヘラは大変嫉妬深く、婚姻後も浮気を繰り返すゼウス・・・ではなく「浮気相手に」執拗な報復を行います。しかもやり口がえげつない。
いやあ、女性は怒らせてはいけませんね。神々の世界でもそれは変わりなく・・・・・・


では、与太話はここまでにして、それではまたお会いしましょう!シーユー・アゲインです!!!
posted by africaza at 12:59| Comment(0) | 日誌