2020年11月09日

馳せる

本日、

いいえ、

本当は昨日11月8日ブログ担当でした、


アフリカ座の清田掌(きよたつかさ)です!
(更新担当さん、遅刻してしまい本当に本当に申し訳ありません…。)



11月18日(水)より、

アフリカ座は幕末へとタイムトラベルし、


新撰組の物語を電波いなずまに乗せて、

皆様のご家庭にお届けします⚔️


早いもので9日後にはもう、

『あさぎもん』再演の初日を迎えます!

公演情報は最後の方に載せております。


さて、本日のブログのタイトル、

「馳せる」とは何ぞやと言うお話なんですが、

今、アフリカ座は時代劇を演じるに当たって、

作・演出を手掛ける我らが座長、

中山さんから頂いた一つのテーマを掲げて稽古に臨んでおります!


それが「想いを馳せる」こと。


その時代を、今とは何もかもが違う時代を生きた人達に想いを馳せて描く物語は、

きっと時を超えた感覚にしてくれるものになると僕は信じています。


調べ物なんかした時に、

本に書いてある文章は「この時こう言う事があった」などと平坦なものだったとしても、

その時代に生きた人達の事を少し想うだけでキラキラした物が見える感覚になる事とか、

たまにありますよね!


そして、あさぎもんのテーマである所の新撰組でタイムリーなニュースがありました、

それは、

「新撰組の隊士同士(男性同士)の恋愛を描いた小説が見つかった」というもの…(笑)

いつの時代でもそういったものを好む女性はいらっしゃったんだな〜なんて思わされました(笑)

彼女達も隊士達の友情に想いを馳せていたんでしょうね…。

気になった方は調べてみて下さいてれてれ


11月のあさぎもんでそのような要素が描かれるかどうかは僕の口からはとても言えませんが…、

想いを馳せて観て頂けたらきっと新撰組を好きになる作品だと思います。

是非とも、幕末に飛んで来たつもりでご覧下さい!


↓『あさぎもん』公演情報はこちら!

11月18日(水)〜11月22日(日)
アフリカ座第18回公演

『あさぎもん』再演炎

完全無観客・オンラインライブ配信公演
3D891A7C-59C5-4BAD-BD93-7639686624CF.jpeg
286A24D2-7054-47E0-A199-0E682744064E.jpeg
↓公演ページ

僕達と共に幕末へ、
京の町へ参りましょう。

それではこの辺りで!

・△・)ノ バイバイ

アフリカ座 清田掌
posted by africaza at 01:52| Comment(0) | 日誌