2019年02月26日

つつじの咲きたるが如し

日本全国3兆5千億人のアフリカ座ファンの皆様!
『新訳 真田十勇士』で猿飛佐助を演じました、小木宏誌です!


ゆうゆうカンパニー 22nd STAGE
『アルキミコ』

アフリカ座第15回公演
『新訳 真田十勇士』


─昨年末の顔合わせから、およそ2ヶ月という怒涛の日々が終わりました。

おかげさまで両作品とも全公演満席で終えることができました。
劇場に足をお運びいただきました全てのお客様にこの場をお借りして御礼申し上げます。
誠に誠にありがとうございました!

笑って、泣いて、時には憤り、時には悔しがり、色んな感情がごちゃ混ぜで、心も体もボロボロでしたが、なんのその!

お客様の笑顔と涙があれば役者は生きていけるものです。

感謝の気持ちを忘れず、これからもお客様の感動の為に、もっともっと素敵な作品をお届けしていきたいと思います!
これからもアフリカ座グループをどうぞご贔屓に!

『アルキミコ』×『新訳真田十勇士』
共に再々演、再演と、公演を重ねることができました。
末永くお客様に愛される作品になるといいなぁ。。



話は十勇士の楽屋での一幕。
大坂夏の陣で、真田左衛門佐は赤備えで死地に赴きます。

十勇士達もそれぞれの想いを胸に秘めながら、六文銭の鉢巻を締めます。
出番の直前、楽屋で赤揃えの十人が拳を重ね合わせて、『豊臣家の為に。左衛門佐様の為に。』と誓って上下の舞台袖に向かっていきます。

隣にいる仲間の笑顔の逞しさ、清々しさ。
思い出すと今でも涙が溢れます。


九度山の野山と、村人の生活の中に、きっと今でも真田幸村の笑顔が咲いていますように。

そして、戦乱の世に散っていった人々の魂が安らかであることを。
天下が泰平であらんことを。

1551109655159.jpg
posted by africaza at 00:51| Comment(6) | 日誌
この記事へのコメント
ブログ更新お疲れ様です!
心に残る舞台をありがとうございました。
なるほど、そうして舞台袖へ向かいあのシーンな訳ですね。思い出したらまた泣けてきちゃいました。
Posted by タカシ at 2019年02月26日 12:48
新訳真田十勇士の公演お疲れ様です。2日に分けて見に行きましたが、すごく感動しました。家康のイメージもガラリと変わり、好きになりました。猿飛佐助は明るく振舞ってるのに最後の方で少し寂しそうに見えて…。2日とも泣きました。また再演して欲しいです。
Posted by 関谷菜奈美 at 2019年02月26日 21:09
ブログ更新お疲れ様でございます。
舞台の裏では、そのような事を皆さまでされていたのですね、思いは一つ!
その固い絆を思うと胸が熱くなり、アルキミコの時にも感じた命のつながり、真田十勇士にも続く真っ直ぐな思いに、涙が出ます(ToT)
歴史にも疎く難しい事は分かりませんが、それでもまたいつか再演、再再演されます事を願わずにはおられません。素晴らしい作品をありがとうございます╰(*´︶`*)╯♡
Posted by なんくるくるくる at 2019年02月26日 23:31
タカシ様

コメント有難うございます!
男って生き物はいくつになってもガキなんでしょうね(^^)
誰かの為に戦うことを“カッコイイ”って思うのは、十勇士を演じた今も、ヒーローごっこに夢中だったあの頃も変わらないのかもしれません。
Posted by at 2019年03月01日 12:04
関谷菜奈美様

コメント有難うございます!
そうですね、寂しさはもちろんあります。。
けれど、九度山は自然が豊かで、獣達もたくさんいますので、佐助もきっと楽しく過ごしていることでしょう🐒
Posted by at 2019年03月01日 12:09
なんくるくるくる様

コメント有難うございます!
『アルキミコ』×『新訳 真田十勇士』
今回もお客様から沢山の温かいご感想とご声援を賜りまして、恐悦至極に存じます!
更なる再演に向けて、そしてアフリカ座グループの更なる飛躍に向けて、これからも応援のほど宜しくお願い申し上げまする!!
Posted by at 2019年03月01日 12:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: