2019年12月04日

180度

お久しぶりの佐藤秀人です!!

気づいたら先月のブログ当番の日を、完全にすっ飛ばしてしまいまして…。

反省…。



ということで!!

明日はついに「UTSUKE」過去編の小屋入りでございます!!

長かったようで短かったような一ヶ月…。

待ちに待った日がやってきたわけです…!!

「UTSUKE」という作品は、自分にとっても思い入れの強い作品なだけに、役者として、劇団員として、観劇好きとして、本当に楽しみな作品でありまして…。



僕がアフリカ座グループに役者として関わるようになって、初めて見た歴史物の作品が、「UTSUKE」という作品でありました。

歴史は好きだけど、そこまで詳しいわけではない。

学校で教わるようなこと程度の知識しかない僕にとって、「UTSUKE」は本当に衝撃的な作品でした。

過去編・現代編・未来編、どれ一つ欠けても成り立たない、織田信長という人物を描いた作品。

過去があり、現代があり、未来がある。
未来があり、現代があり、過去がある。

ちゃんとそれぞれがリンクしていて、どの話を見ていても、他の2つの話が思い浮かんでくる。

時にポップに、時にシリアスに、史実に沿って描かれる織田信長のストーリー。

そしてなんと言っても、とある武将の存在…。

多くの人が、あまり良い印象を持たない人物だと思います。

でも、この作品を観ると、印象が180度変わると思います。

僕も実際、良い印象を持っていませんでしたが、今ではこの武将のことが大好きです。

織田信長に憧れて、織田信長を慕って、織田信長を想って。

そしてその結末を見届けた時、きっとあなたもその武将のことが好きになっていると思います。


ネタバレしないように書こうとすると、なかなか難しいですが、本当に本当に素敵な作品です。

この感動を1人でも多くの方と分かち合いたいです。

ぜひ、観に来てください。



長々と書いてしまいましたが、明日の小屋入り、そして明後日からの本番!!

楽しんでいただけるよう、スタッフ陣も頑張ってまいります!!

劇場でお会い出来ることを楽しみにしております!!


UTSUKE制作 佐藤秀人がお送り致しました!!
posted by africaza at 00:47| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: