2020年06月28日

見てもらいたいなぁ・・・

おはようございます!!
毎度、ブログを書くのが遅い中村友(tasuku)です。
(全力でごめんなさいッ!!)
アフリカ座の美術・舞台監督担当です。

さて!!
遂にチケット販売始まりましたよ!
アフリカ座特別企画公演・私はここにいますproject
『ほんとにあった世間話〜OL編〜』
アフリカ座初の完全無観客、ライブ配信!!
ですよ!!

詳細は6月27日のブログ(http://africaza.sblo.jp/article/187638217.html)
を見ていただくとして!!
そう、『見て頂くとしてッ!!』

キャスト側からの話は、他の劇団員がブログ書いてくれると思うので、
美術屋からの視点で何かを書こうと思うのです。

あ、よく勘違いされることがあるので、書いておこうかな。
ちょっと前までキャストとして出演もしてましたが、今はスタッフに専念しています。
なので、出演者からの美術と思われることが多いですが…
役者であるずっと前から美術屋でした。
簡単に期間だけいうと、役者の期間の四倍以上の期間は美術やってます。
(多くみても役者は10年やってないかと…)
ここで言う美術は舞台美術に限らずですけれど。
美術関係を仕事にして20年は経ちます。
なので、役者が舞台美術をやっているわけではなくて、
そもそも美術屋が役者をやって舞台美術をやるようになったというわけです。

何故こんなことを言うかというとですね!!
お客さんに「舞台美術」にも興味を持ってもらいたいからです!!
今回、映像なわけですよ。
引きの定点撮りだけではないわけですよ。
と言うことはですね。
いつもの客席から見るセットの
見え方、見える角度、見える距離、
等々が変わってくるわけですよ!!

つまり、映像用の美術を作る必要があるわけですッ!!
今までより更に心血を注ぐ必要があるんです!
今、頑張って設計してデザインしてます。

キャストに元気を貰いつつ、
キャストに負けない熱量を持ち
演出・脚本に太刀打ちできる物を作る!!!

頑張る!



なので、美術も見てもらいたいなぁ・・・
そんな願望のブログでした。
posted by africaza at 08:32| Comment(0) | 日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: